美しいプレーや行為に期待

 イタリアのプロサッカー2部リーグ、セリエBで今シーズンからフェアプレー精神をたたえる「グリーンカード」が導入されるという。このグリーンカードはJFA(日本サッカー協会)がU―12以下の試合で積極的な活用を推奨。けがをした選手への思いやり、意図していないファウル時の謝罪や握手、ボールがタッチラインを割ったときの自己申告といったポジティブな行動をとった選手に提示される。
 フェアプレーだけでなくマナーや頑張りを褒め、選手への警告を示すイエローカードやレッドカードとは対照的なもの。セリエBではペナルティーエリア内で守備側が犯したファウルを認める、攻撃側が大げさに倒れて(ダイブして)PKを得ようとするシミュレーションを自己申告するといった行為が対象になる模様と報道されている。
 一方、欧州サッカー連盟のクラブチームによる大陸選手権(チャンピオンズリーグ)の試合で、味方ゴールの歓喜の輪に入らなかったバルセロナのメッシ選手がニュースで取り上げられていた。メッシ選手はゴール直前に相手DFと接触。ゴールを祝うより先に、足を踏んで倒してしまった敵の様子を心配したという、スーパースターが見せた、さりげない気遣いだった。
 さて、県内では国内最大、最高のスポーツの祭典、第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」が開幕し、各競技で熱戦が繰り広げられている。スローガンは「躍動と歓喜、そして絆」。ちなみにホッケーでは警告だそうだが、サッカーでいうグリーンカードが提示されるような美しい行為にも注目し、勝ち負け以外に一層の感動を期待したい。   (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る