英語ヒアリングの重要性

 13日から1週間、タイ王国大阪総領事館が主催する関西のメディア向けの視察に参加した。メーンの目的地となったサムイ島は、ヨーロッパ人に大人気のリゾート島。まだ日本人観光客が少ないため、今後の増加を目指して選ばれたのだろう。きれいなビーチが広がり、ビーチに沿うようにプール付きのホテルが並ぶ。ビーチと反対側は繁華街で、1時間1000円以内のタイならではのマッサージ店やバー、レストランが並ぶ。ハワイなど南の島と同じような感じだが、建物の階数制限があるなど、自然との調和により配慮している。旅費もハワイなどより安く、現地での物価も安いため、気軽にリフレッシュできる場所として最適だろう。
 1人で街中を歩いてみたが、そこで感じたのは英語の必要性。タイにはタイ語があるが、基本的に英語が通じる。筆者もほとんどしゃべったことのない英語を使ったのだが意外に通じて少しは会話ができた。ただ想定外の返事や突然話しかけられた時は、まったく聞き取れない。
 中学、高校と少なくとも6年間は英語を習っているため、最低限の単語や文法は覚えており、またスマホの辞書や翻訳機能でこちらの言いたいことを伝えることはある程度可能だ。一方でヒアリング(聞き取り)は難しい。ネイティブな発音に近くなればなるほど、単語一つ一つの境がわかりにくく、スピードも速いのでまったく理解できない。結果的に話しかけるのも躊躇(ちゅうちょ)するようになった。
 ただ今回の経験で、英語の重要性、使えるようになることで自身の行動範囲や視野が広がることは実感した。今後使う機会があるかどうかはわからないが、少しヒアリングの勉強をしてみようと思った。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る