サメにタッチ!

 子どもたちに生き物に触れてもらおうと、県立自然博物館(海南市)は17日、印南町稲原小学校(岩國隆宏校長、児童74人)で移動水族館を開設。子どもたちはサメやヘビにタッチして楽しんでいた。
 同博物館が昨年度から取り組んでおり、日高地方では昨年のみはま支援学校に次いで2校目。体育館には博物館で飼育している県内で採れたサメの一種シロボシテンジクやネコザメ、ハリセンボン、オニヒトデ、ナマコ、イシガメなどのタッチングコーナー、鳥やイノシシなどのはく製などを展示。子どもたちは恐る恐るサメに触り「ザラザラしてる」と笑顔がはじけていた。6年生の笹野文乃さんは「ヘビは思ったより固かった。触れられて楽しいし、もっといろんな生き物を見てみたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る