御坊市民フラワーアートが完成

 26日に開幕する紀の国わかやま国体まで15日となった11日、御坊市で市民らが力を合わせ、特産スターチスを使って作るフラワーアート(ウェルカムボード)「歴史とロマンと〝希望〟あふれるまち」が完成。名田小学校でお披露目会が開かれた。
 市内で行われるバレーボール、軟式野球の各競技会場にフラワーアートを飾り、「花のまち御坊」をPRしようと、市民提案協働事業として住民からアイデアを募集し、採用された作品の一つ。名田公民館長の岡野博美さん(名田町上野)が提案した。大きさ縦1.2㍍、横2.0㍍。ドライフラワーにしたスターチスで「きいちゃん」と「虹」の絵、「ようこそごぼうへ」の言葉を描き、「御坊」の由来になった日高別院にある大イチョウ、産業を支えて今も走る紀州鉄道をデザインした。
 製作には8月から取りかかり、山本明子さん(同町楠井)をアドバイザーに、松井順子さん(同町野島)が協力。名田小の5・6年生と同町上野の「浜の宮サロン」、生産者のJA紀州青年部各メンバーが飾り付けた。完成後、お披露目会があり、岡野さんが作品への思いを説明。柏木征夫市長が「全国から来られる方をお迎えする素晴らしいフラワーアート。ありがとう、きっといい思い出になる」と述べた。この作品は、もう一つの「スタロボきいちゃん」とともに市内の各競技会場に展示される。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る