救急の最前線学ぶ

 救急の日(9日)行事の一環で、日高地方2病院の看護師が8日に御坊市消防で研修を行い、救急の最前線を肌で学んだ。
 日高病院の宮西緑さんら2人が訪問。隊員から各種車両や器材の説明を受け、低血糖発作
や心肺停止状態の症例を想定した救急訓練を見学した。通報を受けて出動、到着から搬送までの現場活動を勉強。本番さながらの処置や患者家族、医師とのやりとりに真剣に見入っていた。
 8、9の2日間、4病院の2人ずつが参加した。救急車の出動要請があれば同乗する予定だったが、8日は時間内に要請がなく、9日は台風18号接近の影響で研修中止。宮西さんは「訓練では素早く的確に活動し、大切な情報収集もきちんとされていましたし、受け入れるまで現場でいろいろやっているんだなと感じました。この経験をこれからの仕事に生かしたい」と表情を引き締めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る