やっぱり備長炭はちがうよね

 みなべ町備長炭生産者組合(森口道夫組合長)は東京で6日に催された目黒さんま祭り(品川区・目黒駅前商店街振興組合主催)に参加し、サンマ6000匹を焼く燃料として備長炭を提供した
 古典落語「目黒のさんま」にちなんだ、全国的にも知られているイベント。以前は燃料におが炭が使用されていたが、みなべ町は平成21年に「サンマを焼くなら紀州備長炭が最適。ぜひ使ってほしい」と主催者側に提案。以後毎年参加しており、ことしで7回目となる。 
 今回も備長炭255㌔を使い、次々とサンマが焼き上げられた。来場者らはおいしそうに口に運び、秋の味覚を楽しんでいた。地元のスタッフからも「火力があって火持ちもいい。おいしく焼き上がった」と好評だった。会場にはブースが設けられ、特産の備長炭や梅製品などを販売してPRした。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る