やっぱり備長炭はちがうよね

 みなべ町備長炭生産者組合(森口道夫組合長)は東京で6日に催された目黒さんま祭り(品川区・目黒駅前商店街振興組合主催)に参加し、サンマ6000匹を焼く燃料として備長炭を提供した
 古典落語「目黒のさんま」にちなんだ、全国的にも知られているイベント。以前は燃料におが炭が使用されていたが、みなべ町は平成21年に「サンマを焼くなら紀州備長炭が最適。ぜひ使ってほしい」と主催者側に提案。以後毎年参加しており、ことしで7回目となる。 
 今回も備長炭255㌔を使い、次々とサンマが焼き上げられた。来場者らはおいしそうに口に運び、秋の味覚を楽しんでいた。地元のスタッフからも「火力があって火持ちもいい。おいしく焼き上がった」と好評だった。会場にはブースが設けられ、特産の備長炭や梅製品などを販売してPRした。

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る