日高川町長 テニス公園インドア化に意欲

 日高川町議会は、8日に再開し一般質問を行った。市木久雄町長は、入口誠議員の和佐のかわべテニス公園の屋根整備(インドア化)の質問に対し「防災センター建築(平成30年度完成予定)後に着手したい」と、具体的な時期を明らかにした。
 市木町長は、テニスコートの屋根整備には以前から要望があったことを説明。インドア化はテニス公園北側にある「神和住ガーデン」の6コートを対象に屋根を設置。設置後の効果については「雨天時も利用できるようになることで広域的な合宿や大会誘致を行えるので、利用者の増加が期待できる。また現状では雨天を想定して予備日の仮押さえが必要だが、屋根ができればそれもなくなりより利用しやすくなる」などと説明。今後、他のインドアコートなどを視察して取り組んでいくことを話した。
 防災センターは小熊公園に建設。本年度当初予算に測量設計費を計上しており、30年度完成を目指している

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る