人口の前に景気回復策

 夜の涼しい風に秋を感じるようになった。気が付けばことしも3分の2が終わり、わがまち印南町では祭りのならしも始まった。いい年をしてと笑われるが、たまにならしをのぞきに行くと、血が騒いで本番が待ち遠しくなる。同時に、子どもと若者の少なさは年々深刻になっているのが気がかりでならない。このままで10年後、20年後、わが組は祭りに参加できているのだろうか。特定の地区に限ったことではない、少子化対策は日本にとって最重要課題の一つで、とくに和歌山県のような田舎は限界集落だらけになってしまうだろう。
 先日、御坊市が2060年の人口ビジョンを示した。現在の人口は2万5202人だが、45年後の人口シミュレーションは最低で1万2560人、国の機関の推計では1万4399人。これに対し目標値に設定した人口は1万8781人。子育て支援策や若者の働く場を確保しなければ達成は難しいが、危機感を持って対策を考え実行しようとすることは意義深い。何とかしなければという思いがなければ人には伝わらないのだから。
 45年後といえば筆者は生きていれば85歳。現在の若者、そしてこれから生まれてくる子どもたちがこのまちを、日本をリードしてくれている時代だ。そう考えるといまの世代に課せられた責任は重大だ。少子化対策に特効薬はないが、しいて言えば若者や子育て世代の経済的安定が必要不可欠な条件。アベノミクスのみじんも感じられない今は正直希望の光はあまり見えない。人口ビジョンを作っても、景気回復のビジョンが見えないようでは元も子もない。国ははっきりとした経済活性化ビジョンを示す必要があるだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る