全国高校文化祭 樫山さんが油絵初出展

 7月28日から8月1日まで滋賀県の県立近代美術館などで開かれた第39回全国高校総合文化祭「2015滋賀びわこ総文」美術・工芸部門に、日高高校美術部の樫山葉月さん(3年)の油絵「教室の窓際」が出展。文化部のインターハイとして、多くの生徒が目標としている大舞台への初出展に喜ぶとともに、会場でのレベルの高い作品に触発され、さらに創作意欲を高めている。
 文化祭美術・工芸部門の絵画部門には全国から約350作品が出展。県からは5点で、各校の美術担当教諭の推薦で決まった。
 樫山さんの作品は普段座っている席から見える教室の片隅を描いた。靴箱に並んだ体育館シューズや上に置かれた進路指導の書籍、黒板消しクリーナー、立てかけられたパイプいすなど、何げない風景ながらも細かい部分まで克明に描き、また窓から入る光による明暗も表現。50号のキャンバスに油絵で描き、約4カ月費やして完成させた。作品を推薦した美術担当の上田敦子教諭は「日常の風景ながらも靴の感じや北向き窓の光などをリアルに再現し、学校生活の感じがにじみ出ています」と評価ポイントを説明。樫山さんは「普段何げなく見ているいつもの風景を描きたいと思いました」と笑顔。文化祭への出展について「3年生最後に出展できてうれしいです。会場では他校の生徒のレベルの高い作品に圧倒され、もっと頑張りたいと感じました」と新たな作品作りに張り切っている。
 小さいころから絵を描くことが好きで、中学校でも美術部に所属。現在は美術部の部長を務めており、本年度の全国高校総体剣道大会のポスターにも選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る