印南の小学生が古切手収集お手伝い

 印南町社会福祉協議会(小松幸弘会長)は17日、サマーボランティアスクールで古切手回収を行い、町内の児童57人が参加した。
 町内の各学校や金融機関などに設置している収集箱「ニコニコボックス」に集められた3・5㌔分の古切手や書き損じはがきなど整理。子どもたちは切手の切り抜きの担当で、はさみを手に作業。さまざまな種類の切手があり、「かわいいデザイン」「この景色きれい」「記念切手だ」などと絵柄を楽しみながら丁寧に切り抜いていた。
 ニコニコボックスに集められた古切手やはがきは換金され、床ずれ防止の体圧分散マットレスなど福祉用品の購入で有効活用される。

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る