近畿高校軟式野球 南部惜しくも準優勝

 全国高校軟式野球選手権近畿大会の決勝が4日に京都府宇治市の太陽が丘球場で行われ、県代表として出場した南部は東山(京都)に1―2で惜敗した。
 大会には和歌山、京都、滋賀、奈良の4府県の代表が出場。南部は準決勝(1回戦)で天理に3―1で快勝。決勝の東山戦は、2回に四球で出塁した境目が犠打や敵失でホームを陥れ、先取点を奪った。しかし、5回に守備の乱れなどで2点を奪われ、逆転された。南部は最終回の9回に1死二塁の好機をつくったが、あと一本が出ずに試合終了。2年連続3回目の全国大会の出場はならなかった。池田哲也監督は「炎天下の中の試合となったが、集中力を欠くことなく、全力を出し切った。日頃の練習の成果も出せた」と選手をたたえた。9月27日から始まる紀の国わかやま国体の高校軟式野球で県代表としての出場が決まっており、「昨年は優勝だった。今年も優勝して2連覇を目指したい」と気を引き締めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る