私たちの田んぼ、しっかり守ってね

 御坊市藤田小学校(向井忠晴校長)の5年生24人は31日、稲作りを行っている吉田地内の田んぼにかかしを立てた。
 田んぼはJA紀州青年部野口、湯川、藤田班の協力を受けて、6月に児童らが田植えし、稲を育てている。かかし作りは稲作りを行っている学校の中でも珍しく、同校では毎年作っている。
 31日は登校日で、最初に全員でかかしを製作。家にあった家族のいらない服と雑巾などを使って形づくっていき、最後はペンで顔を描いた。出来上がったかかしは4体で、田んぼの道路沿いに立てていった。
 ピンクの服を着たかかしを作った東咲枝里さんと上田愛莉さんは、「女の子をイメージして作りました。鳥から稲を守ってほしいです」と笑顔で話していた。
 植えている米はキヌヒカリで、秋に収穫しおにぎりパーティーなどで味わう予定にしている。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る