東京まで飛んだん? すげ~

 日高川町かわべ保育所の年長児57人が3日に天文公園から飛ばした手紙付き風船に、続々と返事が届いている。中には直線距離で約460㌔離れた東京からもあり、園児たちは「遠くまで飛んだんだ」と喜んでいる。
 手紙は3日のふるさと探訪の際、夕方ごろに天文公園から飛ばした。手紙にはかわべ保育所の園児が飛ばしたことを記し、「届いたらお便りくださいね」と園の住所、飛ばした園児の名前も入れた。2、3日後に手紙が届き始め、最も遠かったのは東京のお台場の北にあるテナントビル「KDX豊洲グランスクエア・防災センター(江東区)」。設備管理の従業員が4日午前9時半ごろ屋上で風船を見つけた。手紙には風船や発見した従業員の写真とともに「わずか一日で東京まで飛んできたことに大変驚きました。ビルの屋上からは東京タワーやスカイツリーが見えます。こちらまで来られることがあればぜひ寄ってください」とメッセージが添えられていた。
 このほか7日までに神奈川県相模原、高座郡寒川町、静岡県島田市、近くでは御坊市湯川町と合計5カ所から返事があった。いずれも丁寧なメッセージが添えられ、園児らは先生に読んでもらい、うれしそうに聞いていた。
 メッセージは1通しか戻ってこない年もあり、ことしは多い方。飛んだ距離も10年以上前の埼玉県と同じくらい遠くまで飛んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る