みなべ町 新しい梅干し化粧箱を販売

 みなべ町の新しい贈答用梅干しの化粧箱が完成。町民を対象に販売を始めた。デザインは全国から応募のあった350点の中から選ばれ、梅の花や梅干しなどが優しいタッチで描かれている。担当のうめ課では「これからお中元シーズン。どんどん利用していただき、梅のPRに役立ててもらいたい」と話している。
 平成10年に、旧南部川村がPRを目的に梅干しの贈答用化粧箱を作製。1㌔、2㌔、3㌔の3種類をつくっていたが、このうち1㌔入り用の箱で、町村合併10周年記念事業としてデザインの一新に取り組んだ。
   
 住民でつくる審査委員会(真造賢二委員長)が全国からデザインを募集。最優秀賞に選ばれた愛知県の宮丸貴臣さんの作品が採用された。花をつけた南高梅の枝、皿の上に置いた梅干しを描いた図案で、箱の表面にデザインされた。「みなべ町からの贈りもの」という言葉も添えられている。裏面には、梅料理研究会の岩本直子さんの監修で、白干し梅に含まれている塩の抜き方なども紹介。1個80円(税込み)で、役場うめ課、高城公民館、清川公民館、JA紀州のみなべ営農指導センター、南部出張所、岩代出張所で販売している。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る