JAみなべいなみ地区の南高梅出荷 目標の92%

 JA紀州(久保秀夫組合長)は、3日で終了したみなべいなみ地区の梅の販売状況をまとめた。南高梅の出荷量は前年比13%減となる2954㌧で、目標の3200㌧に対して92%となった。半面、価格は5日現在の速報値では南高梅(10㌔入り箱)がキロ当たり324円となり、前年の303円を上回る見込み。同JAでは「ことしは雨不足で小玉傾向だったことが大きい。価格は全国的な不作傾向などが要因で、前年よりアップしそう」と話している。
 南高梅の集荷受け付けは、昨年より2日早い5月27日から開始。収穫前には平年並みの作柄が予想されていたが、梅の郷支店(谷口)の気象ロボットの観測では5月の降雨が前年同月比で29%と少なく、実太りが進まなかったことが影響して出荷量が伸び悩んだ。生育も昨年より早く、収穫のピークは6月7・8日で例年より1週間早まった。この影響で早い時期に梅が落下し、青梅としての出荷量に響いたことも要因とみられる。目標の数量を下回ったのは、不作だった平成24年以来3年ぶり。
 半面、価格は大きく値崩れすることなく推移。5日現在で集計されている速報値では、データに反映されていない数量が30㌧程度あるが、前年の価格を上回っている。同JAの担当者は「全国的に不作傾向だったことに加え、量販店への消費宣伝活動に力を入れたこともある」と話している。晩稲の農家男性(61)は「収穫前は平年並みと予想されていたが、思ったより少なかった」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る