JAみなべいなみ地区の南高梅出荷 目標の92%

 JA紀州(久保秀夫組合長)は、3日で終了したみなべいなみ地区の梅の販売状況をまとめた。南高梅の出荷量は前年比13%減となる2954㌧で、目標の3200㌧に対して92%となった。半面、価格は5日現在の速報値では南高梅(10㌔入り箱)がキロ当たり324円となり、前年の303円を上回る見込み。同JAでは「ことしは雨不足で小玉傾向だったことが大きい。価格は全国的な不作傾向などが要因で、前年よりアップしそう」と話している。
 南高梅の集荷受け付けは、昨年より2日早い5月27日から開始。収穫前には平年並みの作柄が予想されていたが、梅の郷支店(谷口)の気象ロボットの観測では5月の降雨が前年同月比で29%と少なく、実太りが進まなかったことが影響して出荷量が伸び悩んだ。生育も昨年より早く、収穫のピークは6月7・8日で例年より1週間早まった。この影響で早い時期に梅が落下し、青梅としての出荷量に響いたことも要因とみられる。目標の数量を下回ったのは、不作だった平成24年以来3年ぶり。
 半面、価格は大きく値崩れすることなく推移。5日現在で集計されている速報値では、データに反映されていない数量が30㌧程度あるが、前年の価格を上回っている。同JAの担当者は「全国的に不作傾向だったことに加え、量販店への消費宣伝活動に力を入れたこともある」と話している。晩稲の農家男性(61)は「収穫前は平年並みと予想されていたが、思ったより少なかった」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る