あ、こら、逃げるな~

 南部川漁業協同組合(永井誠組合長)と県内水面漁業協同組合連合会は28日、みなべ町西本庄地内の河川敷で水生生物を学ぶ「南部川体験学習会」を開き、町内の小学生ら約150人がアユのつかみ捕りなどを楽しんだ。
 教室では県水産試験場内水面地の高橋芳明主任研究員が水辺の教室「川にすむ生き物について」をテーマに講話。アユの一生について「アユは1年間しか生きられず、海と川で一生を過ごす」などと説明した。このあと体長約15㌢のアユを南部川に放流した。アユのつかみ捕りでは河原にビニールシートで設置した水槽(約5㍍四方)にアユを放ち、子どもたちが挑戦。夢中になって追いかけ、捕まえたアユは備長炭で塩焼きにして味わった。岩代小学校6年生の井上斗真君は「アユは大好き。とてもおいしい」と笑顔。永井組合長は「水辺の生き物の生態や川の大切さを学んでほしい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る