台風11号 16日夜から17日未明に最接近

 大型で非常に強い台風11号は、16日午前10時現在、室戸岬の南約240㌔にあり、時速20㌔で北北西に向かっている。このまま予報円の中心を通れば17日未明前後に四国に上陸、和歌山県には16日夜遅くから17日未明にも最接近するとみられている。16日は朝から日高地方に暴風波浪警報が発令され、海は高波が押し寄せるなど大しけ。台風通過後も17日昼すぎまで局地的な暴風や豪雨が予想されており、厳重な警戒が必要だ。
 今回の台風は、日高地方でも4人の死者・行方不明者を出し、日高川町を中心に家屋倒壊、床上浸水など甚大な被害を出した平成23年9月の台風12号と進路が似ているのが特徴。偏西風に乗って西から北東へ北上している台風はスピードが速くなるが、今回のように南からそのまま北に上がってくる台風は接近しても速度がそれほど上がらないケースが多く、強い雨風が長時間に及ぶ可能性がある。台風12号で甚大な被害が出た日高川町など各市町では避難所を開設して受け入れ態勢を整えたり、浸水が予想される地域に土のうを配布するなど準備に追われていた。沿岸部は大しけで、美浜町本ノ脇の煙樹ケ浜では堤防や岩にぶつかって約5㍍の高さの水しぶきが上がっていた。
 和歌山地方気象台によると、中心気圧は960ヘクトパスカル、最大瞬間風速55㍍で、強い勢力を保ったまま接近してくるとみられている。予報円の中心を通れば、高知県室戸岬付近に16日深夜から17日未明にかけて上陸し、北上して中国地方から日本海に抜けるコースになると予想されている。一般的に台風の東側(右側)は雨風とも強くなる傾向にあり、激しい雨と暴風、海は猛烈なしけになるとみられ、不必要な外出は控えるよう呼びかけている。和歌山県では最接近後も暴風域が抜けるのは南部で17日朝、北部で同日昼ごろとみられ、その後も南から湿った空気が流れ込むため一日雨が降る予報となっており、通過後も注意が必要となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る