英語を学ぶ意欲を

 よく採用や昇進の条件に、英語力を重視する企業などがテレビで報じられているのを目にする。文部科学省でも生徒の英語力向上を目指し「生徒の英語力向上推進プラン」を策定するなど英語教育に力を入れている。そんな中、日本で英語をしゃべれる人はどのくらいいるのだろうか。インターネットで調べてみると、いくつかの数字が出てきたがいずれも1ケタ。1割未満なのは間違いないだろう。
 日本人がなぜ英語をしゃべれないのかについては、教育や日本語の発音などさまざまな原因が挙げられている。個人的には英語の必要性を感じないことが、学ぶ意欲につながらないことも大きいと思う。日常生活はもちろん、海外旅行でも日本人向け観光地なら英語を使う機会がほとんどない。
 筆者も英語は出来ないが、数年前にインターネットのチャットで外国人とのやり取りにハマったことがある。文字なのでしゃべるわけではないが、単語を調べながら知っている限りの文法でやり取りし、会話が成り立った時はうれしかった。授業では習わない言い回しなどもあり、そう長い期間はしなかったが、その間は自然と英語を勉強していた。
 グローバルな人材育成に力を入れている日高高校は、ことし11月に県が開くアジア・オセアニア高校生フォーラムに幹事校として参加。また中津中では平成24年からアメリカの中高生と文通で交流している。英語がしゃべれない原因はさまざまだろうが、必要性や英語が持つ可能性を認識し、「相手に伝えたい」「相手の話を理解したい」と思う気持ちを芽生えさせることができれば、自ずと学ぶ意欲が出てくるはず。各学校の取り組みの成果に期待したい。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る