みなべの国道42号 規制雨量基準引き上げ

 国土交通省近畿地方整備局は23日、みなべ町の山内から東岩代までの国道42号線にかかる雨量による交通規制を試行的に変更。従来は連続雨量250㍉で通行止めとなっていたが、法面の補強対策工事が完了したとして、300㍉まで引き上げられた。同整備局では「最終的には規制がかからない安全な道路を目指していきたい」と話している。
 規制が変更された区間は、山内地内のJR紀勢本線と高架で交わる付近から岩代郵便局(東岩代)付近までの約3.1㌔。1時間に50㍉を超える大雨がこの30年で1.3倍に増加しており、同整備局では土砂災害などの発生を防ぐため、区間内の法面補強工事を随時実施。平成23年度で完了し、過去の観測データを基に降雨による道路の通行規制を見直した。
 今回の変更では規制となる連続雨量が50㍉引き上げられ、300㍉で交通規制がかかるようになった。ただし、増加するゲリラ豪雨に対応するため、時間雨量が40㍉を超える場合には、連続雨量250㍉でも交通規制をかける場合もある。同整備局では「最終的には規制基準の解除を目指し、安全な道路づくりに努めていきたい」と話している。全国的には、一般国道18路線24区間を対象に試行導入された。
 御坊市以南の国道42号では、雨量によって交通規制がかかる区間が5カ所あり、今回の区間は平成25年6月21日に従来の規制基準が適用された。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る