夢実現へ国体は絶好の機会

 去る20日、御坊市立体育館で開かれた小学生対象のバレーボール教室で、VチャレンジリーグのJTマーヴェラスの選手が講師に訪れた。現役の日本トップ選手との触れ合い、本気のスパイクに子どもたちが目を輝かせていたのが印象深かった。ほんまもんに触れたことで、子どもたちにはいい刺激になったことだろう。この経験が子どもたちの将来に影響した、とのちにいえる日が来るかもしれない。子どもの可能性は無限なのだから。JTマーヴェラスの監督を務めているのは、元日本代表でアトランタオリンピックにも出場した吉原知子さん。プロ選手になるために、いま子どもたちに必要なことって何でしょうかと質問すると、「夢、目標を持って頑張ることだと思います」と丁寧に答えていただいた。夢や目標は子どもたちを強くするだろう。
 バレーボール教室が開かれる1週間前、目標を達成した瞬間のチームを目の当たりにする機会があった。小学生バレーの県大会で日高地方の名田ソレイユが優勝し、全国大会出場を決めた瞬間だ。選手、ベンチはもちろん、応援席では同じ日高地方から出場していた選手や保護者も精いっぱい応援した姿はまさにスポーツマンシップといえる。選手たちの頑張り、さっきまでライバルだった人たちの一体となった応援、スポーツの素晴らしさに感動した瞬間でもあった。
 44年ぶりに本県で開催される紀の国わかやま国体まで100日を切った。日本トップクラスの選手たちのほんまもんの戦いが繰り広げられる。子どもたちにはこの絶好の機会を目の当たりにしてもらいたい。それが夢や目標を持つきっかけになるかもしれない。無限の可能性を信じ、がむしゃらに頑張れ。夢は必ずかなう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る