みなべの東農園で黄梅祭

 みなべ町東本庄、梅加工業の㈱東農園(東善彦社長)で17日、梅に感謝する収穫祭「黄梅祭(おうばいさい)」が行われた。以前から交流がある大阪天満宮の権宮司や巫女らが訪れ、梅産地の発展を祈願した。東社長(71)は「由緒ある神社の神様の力をお借りして、より一層地域が繁栄することを願っている」と話している。
 東農園と大阪天満宮のつながりは、40年ほど前に東農園が南高梅の木を寄贈したのがきっかけ。その後、同神社で収穫した梅の実が東農園に送られ、同社が梅干しに加工して送り返すという交流が続いている。13年前には、東本庄地内の畑ヶ谷パイロット内に同神社の「御神園」として園地を設け、以後毎年収穫祭が行われている。
 ことしも天満宮から宮司や巫女ら15人が訪れ、同社敷地内の施設で神事が執り行われた。2人の巫女が舞を奉納し、豊作を祝うとともに梅産地の発展を祈願した。このあと、御神園でも神事が行われた。18日には田辺市の熊野本宮大社の関係者らも同社が所有する園地(同町滝)を訪れ、梅産地の発展を祈願した。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る