U-11サッカートレセン 馬部君が県代表入り

 U―11(小学5年以下)サッカートレセンの県代表13人が決まり、日高地方からはエストラッサ湯川のゴールキーパー、馬部壮太良選手(湯川小5年)が選ばれた。セービングのうまさのほか、抜群の瞬発力を生かした積極的な飛び出しが高い評価を受けた。今月20日の練習会、27日には関西トレセンリーグのエキシビジョンマッチに参加し、他府県代表と対戦する。
 身長148㌢と特別長身というわけではないが、キャッチングやセービングがうまく、とくに接触プレーを恐れない果敢な飛び出しが高く評価された。約40人が参加した選考会では、トレーニングや試合形式で一人一人の動きがチェックされ、キーパーは5人の中から今回選ばれたのは馬部選手を含めて2人だけ。
 3年生の終わりごろからキーパーに転身。「シュートを止めたときが一番気持ちいい」とやりがいを感じている。「課題はゴールキック。狙ったところへ蹴れるようにもっと練習したい」と自己分析し、トレセン県代表入りに「選ばれてうれしい。試合ではシュートを止めて無失点に抑えたい」と張り切っている。エストラッサ湯川の藤田潔監督は「チームから選出されてうれしい。潜在能力があり、いい経験を積んでもっと上を目指してほしい」とエールを送っている。
 エキシビジョンマッチは、大阪堺市立のJグリーン堺で行われ、県代表は京都と大阪代表と交流戦を行う。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る