釣ったら食べちゃうけど・・・

 紀州日高漁協内、明日の海を考える会(浦越栄司会長)のヒラメ稚魚放流が27日に上野漁港と塩屋漁港で行われ、地元園児が約5000匹を放流した。
 稚魚は同会がことし4月15日に県栽培漁業協会から譲り受け、体長8㌢にまで育った。
名田漁港の放流では、名田幼稚園の全園児45人が参加。浦越会長が「私たちが育てたヒラメを海に放す大切な作業です」と説明。柏木征夫市長は「ヒラメは環境で色が変化するので、腹をみれば養殖か天然か分かりますが、味は同じ」などと紹介した。園児はバケツに数匹ずつ稚魚を入れてもらい、堤防から一斉に放流。「わ~元気に泳いでる」「そっちの方へいった」などと大喜びだった。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る