美浜町が住宅取得と古家解体を支援

 美浜町は地方創生の人口減対策の一環として、本年度から新しく古家の解体とマイホームの取得を支援する事業をスタートさせた。古家の解体は、住宅新築予定地にある耐震不足と診断された古家の解体に最大75万円を助成。マイホームの取得は新築と中古物件の購入も対象となり、新築住宅は予算の範囲内で最大120万円を助成する。
 古家の解体支援は、新築予定地の古家と解体のみの古家が対象となり、解体のみは町単独の空き家対策事業、新築予定地の古家解体は地方創生交付金事業としてともに本年度から制度を創設。いずれも耐震診断を受け、耐震不足という結果が出た古家の解体に対し、当該年度内に解体完了を条件に床面積1平方㍍当たり5000円、最大75万円(150平方㍍)が交付される。
 マイホームの取得支援は新築と中古の2種類あり、店舗併用住宅は住宅部分の床面積が70平方㍍以上あることなどを条件に、新築は最大で120万円、中古は最大100万円を助成する。
 古家の解体、マイホーム取得とも募集期限、定数は設けず、申請数が多い場合は予算の範囲内で公平に分配。現時点でマイホーム取得は3件、古家解体は2件の申し込みがあるという。補助金の申請、住宅耐震診断等の問い合わせは役場防災企画課℡0738234902。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る