御坊の塩屋漁港で朝市

 紀州日高漁業協同組合(松村徳夫組合長)は24日、御坊市の塩屋漁港で恒例の朝市を行い、新鮮な魚を求めて大勢の人が訪れ活気があふれた。
 地元産の鮮魚を格安販売して漁業振興につなげようと毎月第4日曜日に行っており、この日はちょうど4周年を迎えた。記念イベントの抽選もあることからいつも以上の人が開場前から行列をつくり、スタートと同時に売り場へまっしぐら。イサギ、タチウオ、サバ、イカ、タコなど鮮魚のほか加工品も飛ぶように売れていた。毎回楽しみにしているという御坊市の女性(63)は「おいしい魚が安く買えて本当にうれしいです」と笑顔がはじけていた。松村組合長は「多くの人に来ていただいてありがたい。これからも続けていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る