三尾の天然ひじき集荷修了

 美浜町三尾の海岸でとれる天然ひじきは14日午後、漁協の集荷作業が行われた。
 ことしは平年より少し遅れて先月22日に口開け(漁解禁)となり、この日は組合員が自宅等で乾燥させたひじきを出荷。集荷場にはコンテナを満載した軽トラックが次々と到着し、重さを測って倉庫内に貯蔵された。
 村尾敏一組合長によると、「潮間帯(潮が引くと陸地になる部分)のひじきや布海苔は泥の影響も大きくないので、ことしの全体量は多かった昨年よりは少ないものの、まずまずとれたのでは」とのこと。
 集出荷はこの日一日で終了。集まったひじきは倉庫で寝かし、梅雨明けから加工所で塩抜き、蒸し上げ、乾燥の作業がスタートする。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る