三尾の天然ひじき集荷修了

 美浜町三尾の海岸でとれる天然ひじきは14日午後、漁協の集荷作業が行われた。
 ことしは平年より少し遅れて先月22日に口開け(漁解禁)となり、この日は組合員が自宅等で乾燥させたひじきを出荷。集荷場にはコンテナを満載した軽トラックが次々と到着し、重さを測って倉庫内に貯蔵された。
 村尾敏一組合長によると、「潮間帯(潮が引くと陸地になる部分)のひじきや布海苔は泥の影響も大きくないので、ことしの全体量は多かった昨年よりは少ないものの、まずまずとれたのでは」とのこと。
 集出荷はこの日一日で終了。集まったひじきは倉庫で寝かし、梅雨明けから加工所で塩抜き、蒸し上げ、乾燥の作業がスタートする。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る