鹿島の祭りを盛り上げよう

 みなべ町東吉田地区の青年団(塩路真之団長)は、鹿島神社の秋祭りに獅子舞を奉納しようと取り組んでいる。清川の軽井川地区の獅子舞を学び、2年前から区民会館で笛や太鼓の練習を始めた。道具については宝くじ事業の補助を受けて購入する見込みで、順調に進めばことし10月の祭礼で登場する。塩路団長は「祭りを盛り上げたい」と意気込んでいる。
 同区では、5年ほど前に復活した青年団(団員数約20人)から「東吉田区の祭りの出し物は子ども神輿が参加しているが、獅子舞も奉納していま以上に盛り上げたい」という声が上がり、取り組みがスタート。各地区の獅子舞を見学することから始めた。清川軽井川地区を参考にすることを決め、2年前から清川天宝神社の秋祭り前に、実際に軽井川地区の祭りの練習に参加。本番でも一緒に笛を吹いたり神輿を担いだりして実地で学んだ。月1回の割合で青年団が区民会館に集まり、軽井川地区の祭りを撮ったDVDを見ながら笛や太鼓の練習に励んでいる。道具の購入費用は申請していた宝くじ助成金が活用できる見込みで、15日開会の定例議会で予算案に250万円が計上されている。可決されれば獅子や屋台などを発注する。ことし10月に催される秋祭りでいよいよ自分たちの獅子舞が奉納できる見通しがつき、東吉田区から笛や太鼓の祭ばやしが聞こえそうだ。塩路団長は「大勢の皆さんの協力や支援でここまでこれ、ことしの秋祭りで獅子舞を奉納できるめどが立った。区外の人でも興味のある人には一緒にやってもらいたい」と話している。問い合わせは塩路さん℡090―8826―0957。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る