ボクらがおこした火が国体に

 9月末に開幕する紀の国わかやま国体に向け、10日にみなべ町清川小学校でイベント「炬火(きょか)・採火式」が行われた。「国体の火をみなべから」と、児童42人と保護者らが木で火をおこす「舞錐(まいぎり)」で種火つくりを行い、採火した。今後、町内の各学校でも実施され、「みなべの火」として1つにまとめ、9月26日の開会式で炬火台に点火する。
 炬火とは、オリンピックの聖火に当たる大会のシンボル。県内の各市町村で炬火・採火イベントが実施されており、それぞれの火は和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で行われる開会式で1つの火となって、炬火台で燃え上がる。
 みなべ町では今後、12日に南部小学校、6月7日に南部高校でそれぞれ予定されているが、この日はトップを切って清川小学校で行われた。児童42人が7班に分かれ、舞錐を使って火おこし。木の摩擦によって火をおこし、見事に採火した。6年前の新潟国体から引き継いでいる高さ約1・5㍍もある舞錐も登場し、保護者らが種火つくりに取り組んだ。火は3本の炬火トーチに移され、町の炬火受け皿で1つにまとめられた。一番早く火をおこすことができた班のメンバーの田端脩人君(6年)と寺谷綜太君(4年)は「なかなか火がおこらなかったが、苦労してやっとできた。国体で使われると思うとうれしい」と話していていた。
 同町では10月2日に軟式野球、同月3~5日に山岳競技が行われる。山岳競技のリハーサル大会は6月7・8日。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る