近畿高校野球県予選 日高中津が決勝進出

 春季近畿地区高校野球大会県予選は9日、紀三井寺公園野球場で準決勝2試合があり、第1試合の日高中津は紀北工を4―2で破って決勝進出を決めた。両チーム二けた安打の打撃戦。日高中津は12長短打で4点を奪い、栗栖、岡の必勝リレーで逃げ切った。決勝は10日に同所で行われ、正午プレーボール。
日高中津
021000100| 4
010001000| 2
紀北工
 日高中津は2回、西出の左前打とバントで1死二塁と攻め、北村が中越え適時二塁打。続く仲悠馬の左前打で一、三塁としたあと、栗栖の二ゴロの間に1点を追加した。3回は庄司、増田の連続安打などで無死一、三塁とし、岡﨑が中犠飛。終盤の7回には代打・西崎の左中間二塁打を足がかりに1死三塁の好機をつくり、2死後に増田の左前適時打でリードを2点に広げた。
 先発・栗栖は6回8安打2失点。2回と6回に安打を集められて1点ずつ奪われたものの、いずれも最小失点で切り抜け、主導権を譲らなかった。7回から救援の岡は、8回に連打などで無死一、三塁のピンチを背負うも三振、三邪飛、三振で得点を許さず、最終回も3者凡退でピシャリと締めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る