王者井岡が南高梅をPR

 日高町の清水和人町議が井岡選手の父・一法さんと親交があり、全国ネットでテレビ中継される世界タイトルマッチでのPRが実現した。
 この日の活動には、有本部会長ら8人とJA紀州職員1人が参加。会場の入り口では、観戦に訪れた約1万5000人に、個別包装したトマトウメや効能などを分かりやすくまとめたチラシを配ったほか、先着2000人には井岡選手のトランクスに入れたロゴと同じ大きさのマグネットも配布した。世界戦では、井岡選手が入場するときに「南高梅」と書いたのぼりを掲げ、観客やテレビ視聴者の目を引き、試合前には南高梅の法被を着た女性がリング上の井岡選手に花束を贈呈。参加した部会員らも法被を着て観客席最前列のリングサイドで試合を観戦した。
 緑色の生地に赤字で「紀州みなべの南高梅」のロゴが入った白色のトランクスで戦った井岡選手は、王者のアルゼンチンの選手を判定で破り、悲願の3階級制覇を成し遂げた。歴史に残る一戦を目の前で観戦した有本部会長は「快挙達成おめでとうございます。井岡選手の健康的でさわやかなイメージが南高梅とぴったり。井岡選手の力を借りて全国にアピールできてよかった。観客も若い人や女性が多く、いいPRの機会になった。これからも生産だけでなく消費宣伝にも力を入れていきたい」と話していた。JA紀州の久保秀夫組合長は「井岡選手と会ったとき、トレーニングのあとに梅干しを食べて疲労回復していると話されていたので、これからもいろんなところで情報発信していただけるとありがたい」と期待を込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 私の体験を知ってもらえれば

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る