広域清掃センターに小型家電回収容器

 御坊市名田町野島、御坊広域清掃センターでは、同センター敷地内の一角に小型家電回収容器を設置した。一般家庭から持ち込まれた携帯電話やカメラ、パソコンなどが対象。これまでは不燃性大型ゴミに紛れて処理されていたが、分別することでゴミの減量化とリサイクルを推進するとともに、専門業者への売却収入を得て、ゴミ処理費に活用する。
 小型家電回収容器は、高さ1.1㍍、幅1.15㍍、奥行き0.9㍍。投入口は横30㌢、縦10㌢で、この大きさに入る小型の家電が対象。例えば電話、デジタルカメラ、電気カミソリ、ヘアードライヤー、ゲーム機、電子時計、各種リモコンなど。捨てたい人は自由に直接持ち込めばよい。近年、こういった小型家電に使用されるレアメタル(希少金属)の価格が高騰する中、リサイクルを推進するのが狙い。同センターでは平成26年度で495㌧の不燃性大型ゴミを処理している。このうち、ある程度大型の家電については、田辺市の和歌山県資源開発協業組合が分別して1㌧当たり1080円、年間約100㌧分を買い取っていたが、小型家電については分別の手間がかかるため、そのまま粉砕などの処理がされていた。
 今回、回収容器を設置したのは清掃センター内だけとなっているため、一般家庭から年間でどれぐらい持ちこんでくるのかは未知数。ある程度集まれば、同組合に買い取ってもらうが、いまのところ価格も未定となっている。同センターを運営する御坊広域行政事務組合では「実績を見ながら進めたい。リサイクル意識の推進にもつながれば」と話している。
 小型家電については、買った量販店で引き取るサービスをしているところもある。ちなみに、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目の大型家電については家電リサイクル法で、捨てる側は料金負担が必要となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る