御坊市プレミアム商品券 高校生以上5セットまで

 御坊市商店街振興組合連合会(坂井和夫理事長)が発行する「ごぼうプレミアム商品券」の詳細が決まった。
 1セット1万円で3割増しの1万3000円分(500円券×26枚)の買い物ができる商品券で、1万2000セット、1億5600万円分を発行。購入対象は市内外の高校生以上で、1人5セット、家族で10セットまで。商品券の販売・使用期限は7月1日から12月31日。販売場所は御坊商工会議所で、通常は閉館となる土日の7月4、5日も開館して販売する。
 今月15日から30日まで商品券が使用できる店舗も募集中。対象は市内の同連合会、わくわくスタンプ加盟店、日高食品衛生協会会員および市内の小売・サービスの小規模事業者、中小事業者。ガソリンスタンド、飲食業、スナックなどもOKとなる。対象外は、地元資本以外の大型店、大型店のテナント、チェーン店、コンビニエンスストア、ホームセンター、ドラッグストア、パチンコ店、風俗営業店、金融機関、医療機関。商品でみると、たばこや有価証券、他の商品券、プリペイドカードなどは対象外となる。参加店舗で使用された商品券の換金期間は7月15日から来年2月29日。換金場所はきのくに信用金庫とJA紀州。申し込みは御坊商工会議所内プレミアム商品券事務局℡0738-22-1008。
 プレミアム商品券の事業は、市が国から「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」の地域消費喚起・生活支援型事業メニューとして4697万9000円の交付金を受け、それを補助金として受ける市商連が商品券を発行する。本町商店街では7月1日から25日まで発行記念大売り出しも企画している。また、市はこの商品券の一部を購入して、18歳までの第3子以降(対象者410人)に1セットを無料進呈する。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る