御坊の河川敷グラウンド 災害復旧完了

 昨年8月の台風11号に伴う日高川増水で冠水被害を受けた御坊市藤井多目的グラウンドの災害復旧工事が完了し、8カ月ぶりに利用を再開した。
 工事では土の入れ替えのほか散水施設、一部フェンスの修繕なども行った。事業費は約2500万円。同グラウンドは平成23年の台風12号に伴う紀伊半島大水害で壊滅的な被害を受けたのを含め、23年から26年までの間、冠水被害に4度(うち大規模被害は2度)遭っている。市は今回も原型復旧で工事を進めたが、今後被害が続いた場合、コスト削減へ整備水準を下げることも視野に入れている。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る