美山マラソン復活へ有志が力走

 7年前の第14回大会を最後に休止となっている日高川町紀の国美山マラソンの復活を望む有志ランナー12人が22日、マラソンコースとなっていた美山路を走り、再開への思いをアピールした。
 第1回から連続出場している地元の熱烈なファン、井原和義さん=阿田木=が大会参加経験者らに呼びかけて毎年行っている。ことしも県内外からランナーが駆け付けた。ランナーは丸山地域を1周したあと、国道424号を龍神方面に向かい鍵原トンネル付近で折り返すコースで42.195㌔を力走。「紀の国美山マラソン」と書かれたのぼりを背負ったランナーもおり、大会復活へアピールしながら美山路を力強く駆け抜けた。井原さんは「私が走るのは今回が最後。改修工事が終了したのに大会再開のめどが立たないのは残念でならない」と話している。大会は、御坊広域行政事務組合(日高川町ほか周辺5市町)などの主催で、コースの国道改修工事に伴い休止している。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る