JA紀州 女性の耕運機体験教室好評

 女性を対象にした野菜教室とトラクター・ミニ耕運機教室が2日、御坊市の県農業大学校就農支援センターで開かれ、20~60代の48人が農機具の操作を体験した。
 JA紀州(久保秀夫組合長)が主催、農機具メーカーのヤンマーが協力した。同JA理事の垣淵浩子さんが「農機具を使いたいが、操作がよく分からない女性がたくさんいる」と同教室の開催を提案し、今回初めて実現した。
 野菜作りのための水の管理や肥料のやり方などポイントを分かりやすく教えてもらったあと、近くのほ場に移動。手で押して畑を耕すミニ耕運機など8台と、さらに機動性の高いトラクター1台が用意され、参加者は興味津々。エンジンのかけ方、後退のギアの入れ方、旋回方法など一からの指導に熱心に耳を傾け、一人一人が実践。ミニ耕運機は女性でも十分扱えることを体験していた。
 みなべ町岩代で南高梅を作りながら、趣味として無農薬野菜を栽培しているという江向清美さん(56)は、「家にもミニ耕運機はありますが、ちょっと怖いので家族に頼んだり、クワで作業していました。初めて操作して、少し緊張しましたが、これから少しずつやってみようという気になりました。こんな機会をつくってくれてうれしい」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る