JA紀州 女性の耕運機体験教室好評

 女性を対象にした野菜教室とトラクター・ミニ耕運機教室が2日、御坊市の県農業大学校就農支援センターで開かれ、20~60代の48人が農機具の操作を体験した。
 JA紀州(久保秀夫組合長)が主催、農機具メーカーのヤンマーが協力した。同JA理事の垣淵浩子さんが「農機具を使いたいが、操作がよく分からない女性がたくさんいる」と同教室の開催を提案し、今回初めて実現した。
 野菜作りのための水の管理や肥料のやり方などポイントを分かりやすく教えてもらったあと、近くのほ場に移動。手で押して畑を耕すミニ耕運機など8台と、さらに機動性の高いトラクター1台が用意され、参加者は興味津々。エンジンのかけ方、後退のギアの入れ方、旋回方法など一からの指導に熱心に耳を傾け、一人一人が実践。ミニ耕運機は女性でも十分扱えることを体験していた。
 みなべ町岩代で南高梅を作りながら、趣味として無農薬野菜を栽培しているという江向清美さん(56)は、「家にもミニ耕運機はありますが、ちょっと怖いので家族に頼んだり、クワで作業していました。初めて操作して、少し緊張しましたが、これから少しずつやってみようという気になりました。こんな機会をつくってくれてうれしい」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る