ことしの花粉飛散は?

 最近、筆者の周りでくしゃみをしたり、マスクをつける人の姿が増えてきた。スギ花粉の飛散が始まったようで、軽い花粉症の筆者も目がしょぼしょぼし始めた。ことしの飛散状況はどうだろうか?
 日本気象協会が発表している「2015年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測」によると、東北や関東、北陸は昨年の2、3倍と高いが、近畿地方は昨年並みで、例年と比べて少ないとのこと。全体的には本州東側が前年より多く、西側は少なめ。特に四国や九州は昨年比30%。昨年夏は、北陸、関東甲信、東北地方で気温が高いところが多かったが、九州や四国は低温、少照、多雨となり、花芽が形成されにくかったため例年より少なくなるという。ピークは大阪では3月上旬が見込まれており、花粉症の人には、これからつらい時期に入る。
 なんらかの方法で症状を軽減したいところ。花粉症を悪化させる要因としては▽ストレス▽睡眠不足▽運動不足▽高カロリーな食事など乱れた食生活▽過度の飲酒や喫煙など。ちなみに筆者は毎年ヨーグルトを食べる方法を実践している。ヨーグルトに含まれている乳酸菌が作用することで腸内環境を整え、免疫機能を正常に保つとのこと。ただヨーグルトの種類によって効果の有無があったり、また厚生労働省のウェブサイトには「ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はあります」とのことで、効果が証明されているわけではなさそうだが、個人的には症状の軽減効果は感じている。他にもたくさんの対策はあるが、まずは悪化させないよう健康的な生活が大切。なかなか難しいものもあるが、この時期だけでも心がけよう。
        (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る