梅干し入りがおいしいので

 みなべ町が昨年9月に制定した「梅干しでおにぎり条例」の普及に、JA紀州(久保秀夫組合長)が協力していくことを決め、24日には本所の職員がおにぎりを試食した。
 同JAを代表する主力農産物の南高梅と米の消費につながることから、同条例に賛同。今後、PR活動を展開していくことになり、まずは職員にも取り組みを浸透させ、梅おにぎりのおいしさを知ってもらおうと、食べてもらうことにした。くらしの活動課職員が中心となって炊き立てご飯と白干しの南高梅を使い、愛情込めて80個を作った。食堂に集まってきた職員に配り、みんな大きな口でほおばると=写真=、「やっぱり梅おにぎりが一番」と笑顔がこぼれていた。
 同課の玉置康晃課長は「最近ではいろんな種類のおにぎりがありますが、梅干しとおにぎりの相性のよさを多くの人にアピールしていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る