由良町議選 12年ぶりに無投票か

 任期満了に伴う由良町議選は、きょう17日に告示される。立候補予定者は現職7、新人3の計10人で、定数10ちょうど。12年ぶりの無投票とみられている。
 今回の町議選は昨年11月に神田勉氏、年が明けて上野諭、中村森の両氏と、現職が相次いで引退を表明。新人は昨年末から年明けにかけて3人が名乗りを上げ、定数10ちょうどとなった。16日午前11時現在、現新10人以外に選管で立候補届け出書類等の事前審査を済ませた陣営はない。
 告示日は午前8時半から午後5時まで役場3階大会議室で立候補の届け出を受け付ける。出馬を予定しているのは次の10氏(いずれも順不同)。
 【現職】由良守生(55)門前、1期▽山名実(58)吹井、1期▽吉田ひとみ(67)里、1期▽馬場博文(51)衣奈、2期▽藤田富三(71)中、2期▽川出純(57)里、5期▽玉置一郎(50)門前、3期
 【新人】山田三枝子(58)里▽中村真一(53)神谷▽中谷茂生(58)大引

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る