元日本代表の植田監督 日高高生を指導

 御坊市立体育館で11日、日高高校バレーボール部の同校創立百周年記念事業「元男子バレーボール日本代表監督植田辰哉氏による講演会及びバレーボール教室兼日高地方中学生強化練習会」があり、同校男女バレーボール部員や地元の中学生選手、指導者、保護者ら約150人が参加した。
 植田さん(50)は2008年の北京五輪に日本男子代表監督として出場。現役時代は1992年のバルセロナ五輪に出場、主将を務め、6位入賞を果たした。講演会では選手の意識の持ち方、指導者の心得などについて熱弁。選手には「1人で100㌔の重りを引ける人が8人集まって重りを引いたとき、(本来なら800㌔の重りを引けるはずが)384㌔までしか力が出ないといわれている。人間は、無意識に人任せにしてしまうところがあるので、チームが勝つためには常に当事者意識を持つことが必要」とアドバイスし、選手たちだけでなく指導者にも「学ぶことをやめれば、教えることをやめなければならない」とレベルアップを訴えた。
 バレーボール教室は基本を中心に練習。オーバーパスでは「安定感のある構えをつくる」「とる前に『OK』と大きな声を出して」と身振り手振りで教え、参加者たちも熱心に取り組んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る