御坊新市議14氏決まる

 定数14に対して現職14人、新人4人の計18人が出馬し、4人超過の大激戦が繰り広げられてきた御坊市議選は、18日に投開票された。トップは1262票を獲得した新人の松屋久紀氏。前回の落選から4年間、地道な活動が実を結び、大きく票を伸ばして雪辱を果たした。涙をのんだのは、現職で最高齢80歳の中野武一氏と1歳下の森上忠信氏、新人では最激戦地区だった旧御坊町の山本勝也氏と古田守氏だった。投票率は過去最低の76.47%。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る