ベトナムの大学生ら日高川で民泊

 国が実施しているアジア各国との青少年交流事業「JENESYS2・0」で、ベトナムの大学生ら25人が16日から18日までの3日間、日高川町を訪問。日本の暮らしを体験している。
 一行は科学技術、ものづくり、先端技術を学ぶことが目的で科学技術第23陣として12日から20日までの日程で来日。紀の川市の近畿大学生物理工学部や和歌山市にある大手化学メーカー・花王の工場など見学し、日高川町ではゆめ倶楽部21の協力で、7軒の家庭に分かれて民泊。平川の清水俊夫さん宅を訪れたのは大学院生のウェン・タン・ニュさん(26)、大学生のファン・ミニ・クォンさん(19)、ヴァン・クォ・ジャンさん(19)、ムェン・テー・ヌァン・ヴィンさん(19)の4人。清水さんに教わりながらそば打ちを体験。そば粉を手でこねたり、麺棒で伸ばしたりしたあと、包丁で丁寧に切り、「とても簡単。おいしそうなので早く食べたい」と笑顔が弾けていた。4人はそばのほか、清水さん宅で作っているさつまいもやタマネギの天ぷら、鍋料理など日本食を堪能。シメジの収穫など農作業も体験し、シメジ培養の機械などに興味を示していた。17日の午後からは他のグループとともに道成寺を参拝。小野俊成住職による英語の絵解き説法も楽しんだ。
 今回の科学技術第23陣では、インド、ベトナム、ラオスの大学生ら総勢123人が日本を訪れており、各地域で科学技術など学び、日本文化を体験している。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る