JA紀州 合併後初の初荷も目標突破

 JA紀州(久保秀夫組合長)は15日、合併後初めての初荷出発式を行った。販売額は5263万2148円で目標額(5000万円)を突破。消費増税もなんの、農家の生産意欲とJAの足腰の強さを示した。
 雨のため湯川支所隣接の経済センターで実施。販売したトラクターやコンバイン、田植え機などがずらりと並べられた中、久保組合長は「農業を取り巻く環境は厳しいが、これからも積極的に活動していきたい」と決意新た。芝光洋専務も「アフターサービスを徹底していこう」と呼びかけた。乾杯のあとトラックに農機を積み込んで各農家へ届けた。
 新しくコンバインを購入した御坊市湯川町丸山、農業宮下孝之さん(61)は経済センターを訪れ、久保組合長から記念品も受け取った。米は約2.5㌶栽培しており、コンバインは19年ぶりの買い替え。「やっぱり新しいのはいいですね。これからも米作りに励みます」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る