えべっさん、お願いします

 商売繁盛や家内安全などを祈願するえびす祭がみなべ町でも9日から始まり、西本庄の須賀神社(楠本誠二宮司)、埴田の鹿島神社(堅田省三宮司)は参拝者でにぎわいを見せている。 
 須賀神社では、21人の福娘らが飾り付けた縁起物の福笹や福俵を販売。価格は3500円から3万円までで、売れ筋は3500円から8000円程度だという。毎年えびす祭には訪れているという町内筋の農業番匠崇さん(62)は「梅の価格が低迷している。ことしは少しでも景気が回復してほしいですね」と話していた。飾り付けを担当した福娘の南部高校3年、久保有香さん(18)=芝=は「縁起物を扱えて光栄です」と笑顔を見せていた。福娘の販売は10日の本えびすに行われる。鹿島神社でも、宵えびすから参拝客らでにぎわっていた。両神社とも11日の残り福まで行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る