これが幻の善妙寺焼?

 幻の焼き物、「善妙寺焼」が見つかった?―― 美浜町和田、佐々木正至さん(82)の自宅に、江戸時代中期に御坊市島の善妙寺で焼かれていた「善妙寺焼」とみられる古い花生けがあることが分かった。小ぶりな壷で、高さ19㌢、直径10~13㌢。善妙寺焼の特徴の一つ「籠目」という編み目模様が全体に施され、底には「善」の一字が刻まれている。
 善妙寺焼は、御坊市島の善妙寺で六代目住職の玄了が宝暦年間(1751~62年)に手がけた焼き物。県内では和歌山市の甚兵衛焼(17世紀初頭)に継いで2番目に古い歴史を持つ。作られていたのはわずか10年ほどで現存する品は少なく、「幻の窯」と呼ばれるほど。寺院や旧家などに幾つか伝わっているとみられ、美浜町田井の常福寺に伝わる品は町指定文化財となっている。
 しかし、善妙寺焼に詳しい人に写真を見てもらったところ、「当時の品にしては籠目模様が均一にそろい過ぎているし、銘の入り方もこれまで知られているものとは違う。確かなことは言えないが、もっと後の時代に善妙寺焼を模して作った品ではないか」との感想。佐々木さんは「もしかしたらという可能性もゼロではないので、これ以上詳しく調べるのはやめておきます」と苦笑い。善妙寺近くの春日窯を主宰し、善妙寺焼の復活を目指して研究を続けている陶芸家の中野孝次さんは、「御坊にこんな歴史的な焼き物があったことを知らない人も多いと思う。たとえ模作品でも、これで善妙寺焼の価値が広く知られるきっかけになれば、まちおこしにつなげることも可能なのでは」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る