アマシュートボクシング 入田選手悔しい準優勝

 アマチュアシュートボクシング2014全日本王座決定戦が去る21日、東京台東区立桜橋中学校で開催され、和拳連湯浅支部とチーム日高所属で和歌山病院勤務の入田和樹選手(28)=日高川町入野=が西日本代表として出場。東日本チャンピオンに惜しくも敗れたものの全日本準優勝となった。
 9月の関西大会で優勝し、その後の西日本大会でも1位になった入田選手は西日本チャンピオンとして今回、日本一決定戦に初参戦。ヘビー級(75㌔以上)のマンマッチで、今大会ラストを飾る第18試合に登場。相手はプロ選手を輩出している斬刃拳所属の大木翔選手(静岡県)。1R開始早々、入田選手は得意のワンツーをクリーンヒットさせたが、レスリングで日本一を経験している大木選手の投げ技に思うような戦い方ができず、2Rが終わっても、ジャッジはドロー。1分1Rの延長戦に突入し、互角の勝負も3人のジャッジは1人が入田、1人が大木、最後の1人は20―19で大木に軍配。わずか1ポイント差で判定負けとなった。入田選手は「ここまでこれたのはチーム日高の垣内義秀支部長や湯浅支部の恩師の出口文雄さん、多くの人の声援のおかげです。決定戦では自分の戦いをさせてもらえなかった。これから組技を磨いて来年は優勝したい」とリベンジに燃えていた。垣内支部長は「力の差はなかった。これから足腰を鍛えていきたい」と力を込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 藤娘がお出迎え

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM
  5. 鹿島神社明神祭

    5月 3 @ 10:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る