由良町議選は無投票ムード続く

 来年2月17日告示、同22日投開票の任期満了に伴う由良町議選は、無投票ムードが続いている。いまのところ、出馬の構えを見せているのは現職9人と新人1人だけで、定数10ちょうど。新たな名乗りは年明けからになりそうだ。
 新人で唯一、正式に出馬を表明しているのは、主婦の山田三枝子氏(選管へ届け出る候補者氏名)(58)=里1118―1=。前回町議選で落選し、再挑戦となる。昭和50年に耐久高卒業後、24歳で結婚し、主婦業の傍ら町内などで小売業、飲食業などを経営してきた。「支援者の方々に、もう1回頑張れと声をかけていただき、出馬を決めた」とし、公約には高齢者の外出支援向上、身体障害者の雇用の場の確保などを掲げている。「気軽に声をかけていただける議員になって、町民と行政のパイプ役として全力投球していきたい」と抱負を語っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る