県内のインフル流行シーズンに

 県内のインフルエンザ患者が急増し、県は流行シーズンに入ったとして一層の予防対策を呼びかけている。
 県内の50医療機関からの患者報告数は、第50週(12月8~14日)で149人。1病院当たりの患者数が3.04人となり、流行の目安となる1人を超えた。和歌山市や岩出市、橋本市で患者数が増え、御坊保健所でも1病院当たり1.33人となっている。同保健所では「こまめにうがいと手洗いを実践し、室内では加湿器などで適切な湿度を保ち、バランスのとれた栄養と十分な睡眠で健康管理に努めましょう。乳幼児や高齢者、基礎疾患のある人はとくに重症化に注意しましょう」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る