皆さまの温かいお心を

 南部仏教会(会長=原田武俊新福寺住職)は13日、旧南部町内で恒例の歳末たすけあい托鉢を行った。宗派を超えた9カ寺の住職らが歩いて回り、「困っている人に善意を」と呼びかけた。
 昭和2年に同会が設立した「ふたば保育所(現南部幼稚園)」の運営資金を集めるために始めたのがきっかけ。戦後、幼稚園の運営が軌道に乗ってからは、歳末助け合い運動として続けている。ことしで88回目。
 会員は堺の常福寺に集合したあと黒い僧衣を身につけ、鉦を打ち鳴らしながら出発。埴田、山内などくまなく回った。托鉢に歩く僧侶の姿を見た住民らは、快く善意の寄付を差し出していた。原田会長は「毎年の恒例で、托鉢に行くのを待ってくれている住民もいる。温かい気持ちが伝わり、ありがたい地域だとつくづく感じさせられる」と話している。善意の寄付は町社協を通じて歳末たすけあい運動に贈る。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る