県高校文化祭英語発表会で日高が2位

 平成26年度県高等学校総合文化祭第28回英語発表会が有田市文化福祉センターで開かれ、プレゼンテーションの部で日高高校英語部(望月茉友部長)が3年連続となる2位を受賞した。
 県内10校が出場。すべて英語を使っていれば表現方法は自由となっている。日高英語部の10人は現代版シンデレラを発表。大筋は原作通りだが、メンバー全員で脚本を考え、シンデレラがいじめられるシーンなどはコミカルな演技で笑いも取り入れ、最後は「忍耐は最良の策」というメッセージで締めくくった。
 夏休みから練習を始め、同校のイギリス人外国語指導助手ダニエル・レッドベター先生にも指導してもらい、また同校の文化祭でも発表した。受賞に際し望月部長は「英語力だけでなく演技も大切だったので、動きや動きながら大きな声をだすことを意識してみんなで練習してきました。受賞できてうれしいです」と喜んでいる。メンバーは次の皆さん。
 三岩晶子、田中一也(以上顧問)、望月茉友(部長)、林那莉沙(副部長)、大橋朋佳、楠山美里、川﨑未結、植山有花、小山真由、前田晏奈、森本尚里(以上2年)、津村佑夏(1年)

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る