公立小中学校で一斉に学習到達度調査

 県内の公立小中学校と特別支援学校を対象にした学習到達度調査が9日に各校で一斉に行われ、日高地方でも32小学校、19中学校、1支援学校の子どもたちが挑んだ。
 授業改善や個別の児童・生徒の補充指導へ昨年から行っている。ことしの対象は小学校調査が公立小学校4、5、6年生と特別支援学校小学部4、5、6年生の約2万4900人、中学校調査が公立中学校1、2年生、特別支援学校中学部1、2年生の約1万7000人。科目は小学校が国語、算数、中学校が国語、数学。4月から11月末までの学習内容となっている。日高地方でも各小中支援学校で行われ、内原小学校(塩崎貢校長)では児童が真剣な表情で取り組んでいた。結果は来年2月に各校に配布され、今後の指導に生かす。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る